映画「シザーハンズ」あらすじ

物語は寒い冬の夜「雪はどうして降るの?」と孫娘に聞かれた祖母が話し始めるところから始まる。
ペグは化粧品のセールスを行なっている女性である。いつものように町の住民の家を周って化粧品の売り込みをしていた。辿り着いたのは町外れの山の上にある屋敷。誰もいないと思っていた屋敷で出会ったのは両手がハサミでできている奇怪なエドワードという青年だった。心優しいペグは、エドワードをパステルカラーの家が並ぶ町に連れて帰ることにする。手がハサミのエドワードは食事さえままならないが、植木を様々な形に美しく整えたり、ペットの毛を刈ったり、女性たちの髪を独創的な感じにカットしたりして地域の人気者になっていった。やがてエドワードは、ペグの娘キムに恋をする。
ある時エドワードは、キムのボーイフレンドのジムに利用され、夜間に彼らと一緒にジムの家に不法侵入するが、警報装置にかかったエドワードだけ逮捕されてしまう。キムを気遣ったエドワードは真相を語らず、周囲の人々は彼を避けるようになったが、キムはエドワードの優しさに惹かれ始める。そんなエドワードにジムは嫉妬し始める。
クリスマスの夜、氷の彫刻を作って美しい雪を降らせていたエドワードは誤ってキムの手を傷つけ、ジムに罵られて家を追い出されてしまう。キムはジムに怒りを覚え、絶交を言い渡した。怒り狂ったジムはやけ酒を飲み、飲酒運転の車でキムの弟のケヴィンを轢きそうになる。間一髪でケヴィンを助けたエドワードだが、その際にハサミでケヴィンに怪我をさせてしまう。危険な化け物として街の人々に責められたエドワードは、屋敷へと逃げ込んでしまう。

映画「シザーハンズ」感想

クリスマスになると定期的に見たくなる作品の一つ。何度見ても泣いてしまう。自分の中では史上最強に切なくて最高のラブストーリーだと思っている。
さすがティム・バートン監督の作品だと思うような世界観。街並みや衣装がカラフルでとても可愛いし音楽もお洒落。一見してしまうとチープに感じるような映像だと思うが、それですら素敵だなと思わせてしまうような映画。回想シーンの博士がエドワードに本物の人間と同じ形をした両手をプレゼントしようとした時に亡くなってしまうシーンは本当に切ない。最後のシーンでキムに向かって「さよなら」というエドワード。あのさよならには絶対言えなかった”愛してる”の意味が含まれていると毎回思ってしまい悲しくなる。
孫娘に語る祖母になったキム。雪が降る日たびに思い出すエドワードのこと。きっとエドワードの中では可愛かった頃のキムのまま時は止まってると思うけど、エドワードのことを思うキムの気持ちも当時の少女の時のままなんだと思う。

映画の魅力

私にとって映画とは、新しい自分を見つけるための一つの術である。自分にはないものを持っている登場人物の気持ちを映画を通して知ることができる。また、こういう考え方もあるのかと新しい考え方もできるようになる。