映画「神様はバリにいる」あらすじ

主人公の祥子は学校では勉強に励み、自分でビジネスを起業するという頑張り屋な女性であったが、奮闘むなしく事業に失敗し借金を背負い、世をはかなんでバリに自殺しにやってくる。さて崖の上にたたずんでいると、偶然日本人のリュウから声を掛けられ、「アニキ」と呼ばれる日本人の富豪の屋敷に連れていかれる。「アニキ」の風体を見て最初はヤクザか何かかと疑っていた祥子であったが、金持ちになるための方法を教えてやる、といわれ居候することに。悩んでいた借金の額をアニキに告げると「え、たったそれだけ?」と言われ鼻白む祥子。そんな祥子に、もとエリート医師であったというリュウは自分も「アニキ」に会って自分の考え方がいかに狭かったかに気付き、医師をやめ、今はアニキの事業を手伝っているのだと告げる。不動産開発等を次々手掛ける一方、バリの人々や文化にとても優しいアニキの姿を見て、祥子も次第に自分が日本で囚われていた様々な社会的、文化的な縛りに気付き、心が解き放たれていく。そんな中、バリの子供たちのために幼稚園を作ろうとしていたプロジェクトが政府の許可を取っていないことが判明、しかも担当していた部下が夜逃げしてしまうという危機が。さすがのアニキも弱気になっていたが、祥子はこれまでアニキに教わっていた教えを逆にアニキに説き、叱咤する。これで自分を取り戻したアニキは何とか許可を取り付け、謝りに来た部下には逆にそこまで追い込まれていたことに気が付かなかった自分を許してくれ、と謝り、めでたく幼稚園は竣工。日本に戻った祥子はまた新たな仕事を始める一方、またそのうちバリに戻りたいとアニキにメールを送るのであった。

映画「神様はバリにいる」感想

そもそもバリ島が好きなのでバリの景色や文化が下地になっているのがこの映画を見たきっかけです。ストーリーはある意味ありきたりなハッピーエンド物なのですが、アニキ(堤真一)、祥子(尾野真千子)、リュウ(玉木宏)といった役者たちがいい味を出しており、思いのほか楽しめた作品です。アニキは一見ただの成金風オヤジなのですが、周りの人にはとても優しく、バリの女の子が敬虔にお祈りを捧げているのを見てチップをはずんでしまうような人です。金持ちにはなっても、自分に成功をもたらしてくれたバリの人々や文化に深いリスペクトを持っています。日本的な価値観からすると「少し変わった人」ということになるのでしょうが、とても自分に正直に生きている人でもあります。そんなアニキの生き方は、映画の中で日本社会における「成功しなければならない」「真面目に生きなければならない」といった価値観に囚われて押しつぶされそうになっていたり、人生の本質を見失いかけていた祥子やリュウの心を解放していきますが、と同時に観客の心も解放してくれているのではないでしょうか。私はこの映画を3回くらい見ていますが、バリの美しい風景とも相まって、いつも心が癒されるのを感じます。

映画の魅力

映画はテレビなどと比べて、画面も大きく音響も良いので、作品に没入できるところがよいところ。SF映画やスペクタクル系の映画はもちろん大好きですが、ヒューマンドラマも作品によっては映画館で見た方が感動が高まります。一人ではなく、恋人や友達と同じ時間、同じ作品を共有できるところもよいところですね。